話題のまつ毛美容液ルミガンで目元パッチリ!

牛乳のような白い美肌作りで注意したいルミガンの作用

牛乳のような白い肌が理想的、不健康でない程度に白くなってきれいな肌になりたい、というのは多くの女性が持つ望みです。これらの美肌作りに励んでいる人の中には、「まつ毛が短い」ということを気にしている人も多くいるのではないでしょうか。近年、そういった美容の業界で注目されている薬があります。その中の一つが「ルミガン」という薬です。このルミガンという薬は、塗布することでまつ毛を伸ばすという作用があり、なかなか変化をもたらすことが難しい、というよりも自分の努力ではどうしようもないという側面が多い「まつ毛」という部分において、より美しい状態にするために働きかける、画期的なものであるという言い方もできるかもしれません。しかしながら、牛乳のような白い美肌作りを目指して頑張っている女性には、気を付けた方がいい作用がルミガンにはあります。ルミガンは、医療用としては緑内障の治療薬として用いられている薬で、薬効の働き方としては「プロスタグランジン系薬」という分類がされているものです。これらのプロスタグランジン系薬は、点眼すると眼房水と呼ばれる眼の中の液体の排出を促進し、結果として眼圧を下げ視神経の圧迫などのリスクを下げるという働きがあります。たとえば緑内障の方がルミガンを処方されて調剤薬局で交付を受けた場合、多くの薬剤師が指摘する副作用の一つが「目の周りの黒ずみ」です。点眼薬の量は通常1回1滴で十分なのですが、あふれた点眼液を放置しているとその部分に黒い色素沈着が起こる可能性があるのです。まさに牛乳の美肌作りにとっては真逆の状態になってしまうといっていい副作用ですが、これを避けるためには、そもそもまつ毛以外の部分に極力触れないようにする、塗布後5分程度でしっかりと薬を洗いながす、などの方法があります。きれいになるための方法を間違えないよう、気を付けたいものです。